食事

はちみつの活用

そのまま食べても美味しいです

蜂蜜

はちみつというのは健康食品で数多くの成分を含みます。ただの砂糖とは違いまろやかで上品な甘さが感じられますが、それには数多くの有機成分を含んでいるからです。それは食べても美味しいですが体の中で健康効果や美容効果を発揮してくれるために、とてもいいものです。 また発酵食品の一部でもあるのでヨーグルトとの相性がとてもいいです。ヨーグルトの乳酸菌をよりよく効果を発揮するためにははちみつが欠かせません。 化粧品としても保湿の効果があるとされていて塗られていますが、とても効果のあるものだとされています。ぬってもよし、食べても良しなはちみつは、現代人にはかかせない素晴らしい食品であり、健康物であると思っています。

加工して食べても美味しいです

はちみつというとパンにぬったりヨーグルトにかけたりという印象が強いですが、実は肉料理に合います。豚肉にぬっておくと酵素の働きによりやわらかくなる効果があります。そのほかにもはちみつにはそのまま肉料理にも使えます。 一番のオススメがオレンジはちみつソースなのですが、これは鴨料理によくあいます。鴨の脂のジューシーさがはちみつにより引き立ってくるのです。鴨でなくても鶏肉でも美味しいのですが、しょうゆとはちみつを2対1の分量で混ぜ合わせて、後はオリーブオイルで軽くいためたオレンジピールとあわせるだけです。 鶏肉にこれをかけるだけで本格的な美味しさが楽しめるので、とてもおすすめです。はちみつは肉料理にも最高にあいます。